2013年12月11日

手術その1 術後

術後の経過は良好みたい。わーい(嬉しい顔)

尿道から出ているチューブからは尿と一緒に出血はまだ認められる。


動くことによる尿道の痛みはあまりな無いが、尿を貯める袋と点滴が付いている台を持っての移動が邪魔だ。ふらふら


日にちが経つにつれ尿の色も綺麗になり、出血も目立たなくなった。


回診時に先生より「そろそろチューブを抜きましょう。今から抜きますね。」とのこと。


「ゆっくり息を吐きながら」と言われる内にヌルっと抜けたのだ。

ムチャクチャの早業であっという間に終わった。わーい(嬉しい顔)


抜けた後はトイレで排尿を行うことになるだが、チューブが入っている状態だと膀胱は拡張や収縮はしないので動かない状態である。

しかしチューブが取れると膀胱が動き出す。

膀胱が動き出した時の痛みが、

ムチャクチャ痛い〜

冷や汗をかきながら、その場から動けないくらい痛い


我慢できず痛み止めを飲んだ!もうやだ〜(悲しい顔)


退院までの数日間はトイレに行くのが怖かった。


その後徐々に痛みは和らぐのだが、手術の痛みよりチューブを抜いた後の痛みの方が恐怖だった。バッド(下向き矢印)
posted by ベルぱぱ at 12:02| Comment(1) | 闘病記